オバマ大統領との会談「信頼関係構築の良いスタートを切れた

オバマ大統領との会談信頼関係構築いスタートをれた(30日夕

 

다음은 sankei 신문 http://sankei.jp.msn.com에 있는 기사입니다

 

 

野田首相会見詳報】(1) オバマ大統領との会談信頼関係構築いスタートをれた」(30日夕2011.9.30 17:561/3ページ

 

 

クリックして拡大する

 

記者会見する野田首相=30日午後22首相官邸代表撮影野田佳彦首相30日夕首相官邸った記者会見詳細

 

おまたせしました国会30でございましたが首相指名けまして本日となります首相としての重責背負全力ってまいりましたこの台風12および15による大雨被害については政府一丸となって迅速対応にあたってまいりました被災地りまして現況把握めてまいりましためてまして被害けられた被災者皆様からお見舞いをげたいといますなお台風1215行方不明になられている23います行方不明者捜索全力をあげるとともに二次被害防止そして被災者支援万全していきたいとえています

 

また国連総会にも出席させていただきましたこの総会あるいは原子力安全するハイレベル会合において各国からのご支援感謝気持ちをすとともに日本復旧復興および原発収束けてのみをご説明をしながら復興へのそして事故収束けての決意をおしさせていただくとともにグローバルな課題について日本貢献していく意思のあることを明確表明させていただきましたオバマ大統領をはじめとする各国首脳とのバイの会談もございましたが信頼関係構築する私自身いスタートをれたとえております

< のページ

1

2

3

のページ >

 

 

野田首相会見詳報】(2) 「臨時国会、10月中時期召集したい」(30日夕2011.9.30 18:43

 

歳出削減あるいは税外収入確保ここをしっかり最大限むことが基本ですなおらざる部分については政府与党時限的税制措置をまとめさせてもらい国民皆様におかれましてはこれはこれらの負担世代先送りをするのではなくてきる世代全体連帯してかちうことを基本とするというどものまとめたぜひともご理解をいただきますようにおいしたいといます被災地そして円高などでしんでいる中小企業々などのびにもえるために一日3次補正予算案およびその関連法案国会提出する必要があります今後速やかに与野党協議めることをおいしたいといますその野党さんからもいご提案をいただけるのであれば虚心坦懐たんかい謙虚けてれていきたいとえています

 

なおこうした原発事故収束けた対応については関係者一丸となってめています本日この会見原子力災害対策本部開催されますその緊急時避難準備区域一括解除正式決定する予定です詳細この対策本部わった担当大臣である細野大臣枝野大臣から詳細については説明があるといますが住民皆様安心して自宅ることができるよう除染などの政府としても全力んでいきたいといます野田内閣本格始動したところですこれからさらに政策実現のアクセルを実行ねをじて国民皆様のご期待えていきたいという決意ですからは以上です

 

--与野党協議についてはどのようにめていくか臨時国会召集時期については

 

指摘2つあったといますがまずは与野党協議ですがこれは3次補正予算案中身ほど冒頭のところでしたとおり復興本格化させるということと円高対策経済対策むものですのでこれは国民皆様一日んでいる予算だといますし当然そのいはどの政党共通認識としてっているといますその3次補正予算編成には補正予算そのものもそうですがえばまだ宿題っている税制改正3党合意中身などについては3党合意できちっと与野党協議をしていくということになっています

 

ということからするとどもとしては与党国民新党皆様とよく議論して政府与党としてのをまとめましたそのをもって一日自民党もそうですがめてですね野党との協議めていきたいといますし今日与野党幹事長会談でもわが輿石幹事長からびかけをさせていただいたという理解をしていますので来週早段階からそういう協議めさせていただきたいといういますそれから臨時国会時期ですが指摘のとおり11はちょっといろいろと外交日程もありますのでもちろんこれは3次補正中身まって印刷わってという段取りをんでいかなければなりませんけれども

 

当然のことながら10月中のなるべく時期時期というのは一日成立すことによって復興事業本格化するわけですのでその意味からも国会のその補正提出その時期をよくにらみながら臨時国会召集になるべく段階っていきたいといます

 

 

野田首相会見詳報】(3) 「『正心誠意姿勢はどういうぶれでもわりません」(30日夕2011.9.30 18:45

 

--民主党小沢一郎元代表政治資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件石川議員元秘書3有罪判決けた野党元代表証人喚問めているが首相元代表説明責任についてどのようにえているのか元代表昨年12政倫審説明する意向したこともあったが首相党代表として国会での説明責任たすようえはあるのか

 

説明責任たしというのは々あるんだろうとはいますけれども今国会中野党さんも国会説明をするようにというにその証人喚問というやり指摘をされましたこれは国会でもげましたけれどもいわゆる報道によると小沢元代表公判来月始まるだろうといわれているときに司法への影響まえると本当にそういうやり妥当なのかどうかについては慎重えなければいけないのではないかというっております

 

--公明党との関係について予算委員会答弁ていると三宅島連絡会議子宮けいがんなどについて首相はかなり前向きな答弁をしていたが公明党との距離感今後どういうっていくのかそれから今日自民党役員人事われかなり対決姿勢めてくるとうが首相はそれでもかつてっていたように大連立というのを目指していくのか

 

公明党さんの距離感というおでありますけれども公明党さんはもちろんでありますがその政党からも今国会での答弁まえてのご指摘だったといますがいいご提起だとったことについてはこれはいつも虚心坦懐たんかいにおいているつもりでございますのでれたいとあるいはこちらでですねその沿って努力してみたいということについては前向きな答弁をするということは当然ありるといますしこれ公明党だけではありません政党についてもそういう対応をしたつもりでございますそのことについては野党さんもどもの政権についてそれぞれの評価々でこられるといますが国会対応基本的にはその質問趣旨まえながらいいものはれていく方向だといますしそうでないものについては残念だけどきっぱりと否定をするというやりをしていきたいといますたまたま公明党さんの子宮けいがんをめて従来わが比較的前向きにめていたテーマがかったということもあったんではないでしょうか

 

それから自民党役員ぶれでどうのということでありますがどういう姿勢でくるかというのは今回人選だけではまだからないというふうにいますえば茂木さんが政調会長でございますが日本新党にご一緒したでございますし岸田さんが国対委員長ですしだからといってしくなるかかりませんがまだそのぶれだけではどうともえませんけれどもどういうられてもどもの姿勢自分たちのやらなければいけないことというよりもがやらなければならないことをどうしたらいいかこちらのをまとめてそしてご理解をいただくという努力あの正心誠意姿勢どういうぶれでもわりません

 

 

野田首相会見詳報】(4) 朝霞公務員宿舎建設最終的政治判断したい」(30日夕2011.9.30 18:46

 

--原子力政策について首相発言では今後新たな原子炉建設することはないということだがこれは2050ごろまでには日本のエネルギーミックスから原子力完全えるということで間違いないか中長期的なエネルギー政策議論総合資源エネルギー調査会によってまる予定だが調査会委員見解はさまざまで経済的影響重視するもいれば安全重視もいるエネルギー政策決定していく最優先される基準とはなのか国民投票はやるべきとの意見もあるがどううか

 

たな原発をつくることはこれ首相就任をした直後会見あの困難ではないかというおをさせていただきました基本的にこの認識わりませんそういうかなり着工んでいるものもあるということでありますのでそういうこともめて々に案件判断していかなければなりませんがたにつくっていくことは困難状況であるということの基本認識わりません

 

そのいろいろとそのもご質問いただきましたけれどものエネルギーの基本計画についてはこれは白紙見直しをしていくということでありますそして来年までに中長期のいわゆる計画っていくというのがれであります当然のことながら国民不安らげて安心できるエネルギーのベストミックスを目指していくということでありますがその観点当然のことながらさまざまな立場のいろんなご意見もあるといますので国民各層のいろんなご意見まえながら来年までにしっかりとした計画っていくということでございます

 

--冒頭発言であったが朝霞公務員宿舎視察はいつ国会答弁であれは震災前判断だとっていたがまた見直可能性はあるのか

 

あの判断をしたのはですね昨年れだったとうんですね昨年その全体として公務員宿舎15%らすなどしてさまざまな財政的貢献もいていこうという全体像朝霞についてはこれは行政刷新会議事業仕分けで一応その凍結をするという政務三役議論してめてほしいというそういう見直しだったといますそれをまえて昨年12月決めましたそのまあきな震災があったわけでそのことをまえて被災者感情とか国民感情踏まえてこの国会でさまざまなご提起示唆もいただきましたのでまずは91からこれ着工けてのきがまったといますがその進捗しんちょく状況なんかを現場きながら最終的政治判断したいというふうにっています

 

--えることもあるのか

 「最終的判断現場判断めて現場ったのその状況などもめて最終的判断をしたいというふうにいます

 

 

野田首相会見詳報】(5) 「政権当初から乱暴なスピード違反はできない!」(30日夕2011.9.30 18:53

 

政権運営のイメージ

 

--今国会印象として安全運転終始したがあるその国民にしてみれば首相がどのような理念をもって政権運営していこうとしているのかかりにくかった印象がぬぐえない冒頭アクセルをとの発言があったが首相今後どのような具体的理念やイメージをもって政権運営加速していくえか 

 

なりの理念えば所信表明演説などでもべましたけれどもやっぱり中間層みがくなってきてしかもにこぼれてしまったというかはちょっとをつけなければいけませんがることができなくなっているくなっているという状況打開をしていくと

 

中間層みをったにすることが底力のあるになるというのが基本的理念そういうにしたときにこの日本まれてよかったとえる基本はできるといますしそのにはもっとプライドをってこのきてよかったなとそういうにしていきたいという未練があるんです

 

その理念これよく国会でもかれましたが個別政策のちょっと長期的なことをかれましたそれはをやりたいかの世界なんですねをやりたいかのをやるべきかやらなければならないことがあるじゃないですか

 

わが政権最大かつ最優先課題はなんといっても震災からの復旧復興原発事故収束経済しとこれをげましたこのことを中心っていたんで安全運転という評価なのかりませんがまあ政権当初から乱暴なスピード違反はできませんどんなスピードを加速しても安全運転はやっていきたいというふうにいます

 

 

普天間移設問題

 

--米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市移設問題地元では県外移設めるがあるそういう日米合意履行辺野古への移設をどうめていこうとえているのか

 

これまですね沖縄において県外移転めるいということはもよく承知をしていますさはさりながら日米合意にのっとって沖縄負担軽減をしていくということを基本対応していこうというのがどもの基本的姿勢であってそれは先般米国オバマ大統領との会談にもげました

 

沖縄負担きく軽減をさせるという意味においても基本的なスタンスというのは1だとっておりますのでそのことをきちっと普天間危険除去をしていくということについてもご理解をいただけるというふうにいますのでそこはしっかりとご説明をしながら丁寧にご理解をいただくという努力をやっていくということにしていきたいといます

 

 

野田首相会見詳報】(6) 復興増税案解釈合意文書てだ」(30日夕2011.9.30 19:11

 

地域主権改革

 

--地域主権改革について野田佳彦内閣発足後首相就任会見でも内閣基本方針でも一言言及がなく所信表明演説でも一言、「推進するとのえがされただけだ地方から懸念まっているが地域主権改革えを

 

所信表明演説でも文章では1しかいていなかったということは山田啓二全国知事会会長からも直接指摘頂きましたので本人にもご説明いたしましたけどもやはり文章でいっぱいいてあればいいのかいからやるがないのかということではございませんさっきげた所信でもげておりますが基本的には最大かつ最優先課題震災復旧復興原発事故収束これを基本いた政権でありますので当然記述あるいはいろんな機会のおをするときもそういうことが中心でありますけれども地域主権というのは民主党にとっては結党以来大事なテーマでありますし分権型連携国家としてマニフェストの冒頭ったこともありますったこともありますそのことはしてれるつもりではないしむしろこれまで以上しっかりんでいこうということでございます

 

指摘をいただいたテーマめて地方協議をしっかりやって地方さんとも意見交換をしながら地域主権けての推進をはかっていきたいといますし今回復興においても使勝手交付金であるとか震災特区であるとかですねまさに地域主権いわゆる先駆けになるようなそういう事業どんどんと推進していきたいとえています

 

今日閣僚懇川端達夫総務大臣から地域主権わりますけれども今年度予算から一括交付金これ県向けの補助金という整理して5120億円一括交付金をつくりました今度来年度予算編成においては市町村向けの補助金一括交付金化するんですねそのことについては各省への要求からもびかけさせていただきましたということに今申げた疑念うためにもしっかりと実績ることによってえしていきたいといますし出先機関改革等きな課題っていますがしっかりリーダーシップをるっていきたいとえております

 

復興増税

 

--臨時増税についてだが民主党前原誠司政調会長増税税外収入7にまでげて92兆円にしそれを臨時増税法案にも別途書むんだと発言している一方藤村修官房長官安住淳財務相および財務省増税額112兆円前提になるんだとそれがまれるという認識政権発言っているようにうが一体92兆円なのか112兆円なのか負担する国民にとってはきないだが総理言葉としてハッキリしてほしいまた政権発言するによってどうして説明うのか

 

中身つです政府与党つのペーパーで合意をしましたこれは政府民主党だけではなくて国民新党さんともしっかりげた文章つの合意というになっていますそれは多分さんにもりになっていますよねされていますよねあの文章ですあれがてですその強調したいところのいはあるかもしれませんがどうてもあれは客観的にみればじことですんでその10年間こう10年間では税外収入7兆円獲得するということによって国民にご負担をおいをするいわゆる時限的税制措置のところが92になるんですだけどこの10にも法案提出しなければなりませんその法案提出するときはこうの復興集中期間5年間念頭現段階えられる税外収入5兆円そうすると負担をいただく部分112だとそのための法案をつくるんですその法案るときにたとえばこう10年間部分についてのどういう法律れるかという議論当然あります附則れればですねだからっていることは全然さんじことをっているなかで数字いのところだけちょっとった観点られているという理解をしています

 

原発輸出

 

--先程質疑首相原子力施設新規立地困難だとめて明確にしたただこの・ニューヨークの原子力ハイレベル会合での演説日本として原子力利用模索する々の関心えるとべた原発輸出技術移転したとめたが国内では新規立地困難としながら国外では原発立地支援するとこの整合性はどうか

 

いやめて簡単なことです今回こういう事故があってわがとして教訓あるといます反省もあるといますそしてそれをまえた知見もありますそういう教訓知見世界各国この原発問題どの関心っています共有をしていただくということはグローバルなレベルでの原子力安全構造につながるしそのための協力しまないということでありますしそこで技術的なサポートもあるかもしれませんということであってまったく矛盾するではないのではないでしょうか

 

-- 原発輸出そのものについてはどうえるか

 

原発輸出についてはまず徹底した事故検証まえながら政府としてのえをまとめていきたいといますかこののハイレベル会合輸出解禁するようなにとめられていますよねそんなことは一言ってませんきちっとした事故検証まえながらわが方針めていきたいとっています

 

-- 事故検証輸出えるでの前提になると

 

まえながら

 


이미지

주요활동